いらっしゃいませ ゲストさん

商品カテゴリ一覧 > 基本情報・システムページ > 丹波の黒太郎について > 黒豆レシピ > 基本の素麺の湯がき方



【番外編】揖保五匠レシピ>基本の素麺の湯がき方


素麺の湯がき方

揖保五匠の基本レシピ。細うどんも同様に茹でていただけます。





●材料


<4人分>
揖保五匠素麺 5束
水 少なくとも3リットル程度

※水1リットルで2束程度まで。水はたっぷりの方が良いです!




●作り方


(1)
大きめの鍋に水を入れて沸騰させ、束を解いて麺がかたまらないようにバラバラと入れます。
(2)
固まらないように麺をほぐします。ふきこぼれない程度の火加減で茹でます。
◆素麺:1分30秒〜2分
◆うどん:【温】6分〜8分/【冷】7分〜9分
(3)
ゆであがりましたらザルにとり、流水で冷やしてから、ある程度冷めたら氷水でさっともみ洗いします。
その後、充分に水を切ってから器に移します。




よく沸騰した、たっぷりの湯を使ってください。分量の水は目安なので、なべに余裕があれば足してください。

また、ふきこぼれそうになった時は、びっくり水ではなく火を弱くしてください。湯の温度を下げないほうが良いです!
茹であがった後は、手で触らずすぐに流水でさましてください。 熱いうちに麺に触ると火傷の原因にもなりますし、手の匂いが麺にうつり、香りが変わりやすいです。
揉み洗いはある程度温度が下がってから!