電話でのご注文・お問合せ
0120-555-330
(平日 9:00〜17:00)

丹波黒えだまめ

収穫期間は一年のうち2週間程度
10月中旬にだけ楽しめる、幻の味です。

丹波黒えだまめの中でも、特に遅めの10月中旬に収穫されるえだまめを「晩生種」と呼びます。
晩生種はより長く畑で育てられるため、その分実が大きく、ほくほくとした食感が特徴です。

生産地 兵庫県
内容量 総重量 約2kg(枝付き・約2株分)
サイズ 外箱=21.5cm×51.5cm×20cm
保存方法 生鮮品のため、到着後はお早めにお召し上がりください。

*アレルゲン:大豆
*国産丹波黒大豆使用








莢の茶色い斑点は丹波黒えだまめの特徴です。

Q.莢が茶色い。虫食い?枯れている?

A.莢の茶色い斑点は丹波黒えだまめの特徴です。

まだらに茶色い斑点が出たり、サヤ全体が変色するものもあるため、腐っている・枯れていると誤解されることが多々ありますが、これは丹波黒えだまめの特性によるもので、品質には問題ありません。
※泥が付いている場合がございますので、湯がく前に産毛を除くためにも手もみ洗いをお願いします。

成熟につれて、豆の色が緑色から紫、黒色へ変化します。

Q.豆が紫色に変色している

A.成熟につれて、豆の色が緑色から紫、黒色へ変化します。

写真のようなまだら変化でも、品質には問題ありませんので、ご安心ください。

※湯がくと濃い部分は水に色が移りますので、上部の写真のような全体的に灰色っぽい色の豆に茹で上がります。
 莢の色も緑色が増すため、茶色の斑点が目立ちにくくなります。

莢に入っている実は多くてもほぼ2粒。一粒莢も多いです。

Q.一粒しか入っていない莢が多い

A.莢に入っている実は多くてもほぼ2粒。一粒莢も多いです。

丹波黒えだまめは粒がとても大きいため、1粒~2粒程度の莢がほとんど。
3粒入りの莢は、あっても実が育ちきっていないことが多いです。
莢の中の数が少ないほど、大きな豆となる傾向があり、ほくほくとした食感が味わえます。

莢の数が均等になるよう、小枝でも調整しています。

Q.小枝ばかり入っている

A.莢の数が均等になるよう、小枝でも調整しています。

鮮度を保つため、枝付きのままでお届けします。
枝付きで2kg以上を入れておりますが、作柄により、莢の数は変わります。
また、小枝などで調整させていただくことがありますので、ご了承ください。

生鮮品のため、お届け後、すぐ召し上がってください。

Q.どれくらい日持ちする?

A.生鮮品のため、お届け後、すぐ召し上がってください。

生鮮品ですので1~2日ですぐ鮮度が落ちてしまいます。
一度軽く茹でて冷凍保存すれば数ヶ月待ちますので、ひとまずすぐに調理されるようお勧め致します。
冷凍保存の方法は、[枝豆のゆがき方レシピ]をご覧ください。






■1お届け先ごとに所定の送料をいただいております。
システムの都合上、送料無料の計算になることがありますが、弊社にて再計算・修正を行い、後日、確認のメールをお送りします。 ご理解の程お願い致します。
 ※税込8,000円以上ご購入で送料無料となるサービスは適用されません。
   

■収穫期間は毎年変わります。そのためお届け日のご指定はできません。
曜日指定やお届け時間のご指定は可能です。
■お届けは10月中旬になります。
収穫の目処がつきましたら、メールにてお届け日をお知らせいたします。
※10月上旬頃にはお知らせします
■収穫後そのまま産地よりお届けします。熨斗・包装はご遠慮ください。
また、他商品との同梱は一切できません。
同時ご注文の場合は別送分の送料を追加させて戴きます。
■カード決済ご希望のお客様は、ご請求の都合上、
 2019年11月以降まで有効期限のあるカードを使用ください。
期限がないカードの場合は、お支払方法をご変更いただくことになります。



兵庫県産丹波黒えだまめ約2kg
兵庫県産丹波黒えだまめ約2kg
兵庫県産丹波黒えだまめ約2kg(2袋)
兵庫県産丹波黒えだまめ
丹波黒えだまめと一般的なえだまめの比較

【10月収穫】丹波黒えだまめ (2019年枝豆)

商品番号 3531
※8,000円以上ご購入で送料無料となるサービス対象外です。
※同梱不可のため、他商品はえだまめとは別でご注文ください。
(カートに同時に入れないよう、お願いいたします。)
販売価格 ¥ 2,808 税込
販売期間
送料表(税込)(お届け先1件あたり)
※送料キャンペーン対象外、他商品の同梱不可
大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀・岡山・鳥取
660円
上記以外の本州・四国・九州地方
825円
北海道・沖縄
1,100円


【消費税の表記について】
※送料は2019年10月より、価格改定を予定しております。今後は地域別に価格を設定させていただきます。
※送料価格は2019年10月より消費税増税が予定されていることから、10%の消費税を含む価格で表記しております。
 丹波黒えだまめは軽減税率の対象となる予定の食品のため、8%の消費税を含む価格で表記しております。
※丹波黒えだまめは出荷がすべて10月以降となりますので、上記の送料・消費税で表記しております。
※消費税につきましては、改定内容に変更がございましたら、価格を修正してご連絡させていただきます。





丹波黒大豆とは

丹波黒大豆とは

「丹波黒大豆」は、丹波地方をルーツとする黒大豆の品種の1つです。

とても大粒で肉質も柔らかいため、非常に人気のある品種ですが、栽培が難しいことから高級品とされています。
たっぷりと旨みを持ちつつ、豆として硬くなる直前の状態が「黒えだまめ」にとっての旬なのです。

収穫期は年間で2週間程度の「晩成種」

収穫期は年間で2週間程度の「晩成種」

長く畑で育てられることで、大きく実が熟成します。

丹波黒えだまめの中でも、9月上旬に出回る「早生黒(わせぐろ)」に対して、10月中旬に収穫されるえだまめを「晩成種」と呼びます。
成熟した黒えだまめは、少し黒っぽいくらいの見た目をしていますが、これが黒えだまめの最も美味しい時期なのです。

朝採り&産地直送

朝採り&産地直送

新鮮なえだまめをお届けできるようにがんばっています。

夜間のうちに水分と栄養分を蓄える黒えだまめは「朝一番」で収穫して、その日のうちに枝つきのまま、保水フィルムに包んで出荷します。
枝つきのまま出荷すると水分が逃げにくく、より新鮮な状態の黒えだまめをお届けできるのです。