電話でのご注文・お問合せ
0120-555-330
(平日 9:00〜17:00)

兵庫のお米「ろくろ師の夢」

兵庫県・奥播磨で大切に育てられた、
ツヤツヤの新米

兵庫県・奥播磨。
民家もまばらな大自然の中で、大切に育てられたお米を少しだけ分けていただきました。
ミネラルたっぷりの名水がはぐくんだ、おいしい新米をお届けします。

原料玄米 単一原料米:兵庫県産コシヒカリ 令和2年産
内容量 2kg
保存方法 直射日光・高温多湿の場所を避けて保存してください。

兵庫のお米 「ろくろ師の夢」

商品番号 3542
販売価格 ¥ 1,060 税込

販売期間


手提げ袋をご希望の方は、こちらからご注文ください。
対応する手提げ袋:手提げ紙袋(中)

※この商品はラッピングができません。



宍粟の名水

おいしさを生む宍粟の名水


兵庫県宍粟(しそう)市一宮町。名水の里として名高いこの地方には、清流・揖保川の支流がたくさん流れています。
東公文川もその一つ。沢の水はどこまでも透きとおり、用水路の水までが美しい流れを保っています。
お米を育むのは土と水。「ろくろ師の夢」のおいしさは、水がおいしいからに他なりません。

35軒の仲間たち

稲作の苦労も楽しみも共有する35軒の仲間たち


現在「ろくろ師の夢」を作っているのは、35軒ほどの生産者。集落一体でおいしい米づくりに励んでいます。
田んぼの端の方は今でも手作業で刈り取ることも。手慣れた手つきはさすがです。

昔はろくろ師の里

昔はろくろ師の里、今はかかしの里?


漢字で書くと「轆轤師」。「ろくろ師」とはお盆やお椀などの木工品を作る木地師のこと。
ゆたかな土壌のこの地域には、良い木が育ち、かつてたくさんの「ろくろ師」が住んでいたそうで、地名として今に残っています。
今は地域の人たちが作る「かかし」が、あちこちに飾られ、にぎわいを見せています。