善祥庵

つくり手のこだわり

黒豆 丹精に育まれた自然の恵み。

ころんとした丸い形。 漆黒の艶やかな色。さやの中でじっくり熟成される黒豆には、自然のゆたかな恵みが凝縮されています。

「黒豆は手がかかる」とよく言われます。その理由の一つが、土づくり。大地の滋養をたっぷり吸い上げる黒豆は、有機質に富んだ肥えた土でなければ十分に育つことができません。また、夏には畝の土を盛り上げる「土寄せ」が二回も三回も行われます。 根を大きく張らせるこのひと手間が、台風にも強い丈夫な黒豆を育むのです。

これらの作業は、すべて手作業。手間をかけ、丹精を込めて育てられた黒豆は、青々とした美しい葉を茂らせ、秋には滋養に富んだ黒豆を実らせます。

お届けしたいのは、黒豆本来の旨み。黒豆のすべてを知っている善祥庵だからこそ、届けられる「本物」のおいしさがあります。

Copyright © 2010 ZENSHOAN All Rights Reserved.