電話でのご注文・お問合せ
0120-555-330
(平日 9:00〜17:00)

2019年 栽培日記

■2019年度・丹波黒大豆栽培記録

丹波の黒太郎・かね善では、兵庫県宍粟市一宮町に畑を借りて
地元のJAさんご協力の元、丹波黒大豆を育てています。

時には天候に泣かされることもありつつ…
そんな黒豆農場の様子をお届けします!

 2019年6月6日 黒豆の播種

黒豆の播種1
令和元年の黒豆栽培がいよいよ始まりました。
保管してあったものを播種用に処理し、準備の終わった粒よりの種豆たち。
しっかり元気な芽が出るように播いていきます。
黒豆の播種2
広い畑に小さな種を一粒ずつ置く播種は重労働。
また、豆の「へそ」を下向きに置くなど、播き方にも細かなコツがあるので、皆で頑張って播きました。

▲TOPへ戻る


 2019年6月18日 黒豆の苗を移植

黒豆の苗を移植1
播いた種から。今年も無事に芽が顔を出しました。
ある程度、苗が育ったところで苗床から畑に移植していきます。
播種と同じく、移植も一株ずつ決められた間隔を開けて丁寧に!
黒豆の苗を移植2
この小さく細い苗が、立派な枝張りの黒豆株に成長するのか、と思うと不思議な感じがしますね。
成長を見越して、苗の間にはしっかり感覚を持たせてありますが、これが夏には緑の茂みになりますよ!

▲TOPへ戻る


 2019年7月25日 土寄せのあと

土寄せのあと1
先日、土をかぶせて伸びた苗の茎を補強し保護する、土寄せを行いました。
前回の転々とした苗の緑から一転、青々した緑の列ができました。
土寄せのあと2
1株に近寄って撮ってみたのがこちら。すいぶん大きくなりましたよ。
今年、全国的には長雨で日照時間が少ないですが、一宮では雨はもちろん日照時間も足りており、順調に育っています。

▲TOPへ戻る


 2019年8月3日 土上げ作業

土上げ作業1
最終の土上げ(土寄せ)作業を行いました。
長雨でなかなか作業の機会が取れず、例年より10日遅れとなったうえ当日の最高気温35度という高温のなか、頑張りましたよ!
土上げ作業2
梅雨明け後は晴天が続き、遅れていた畑も例年並みの生育へ一気に追いつきました。
生育の早い畑では開花が始まり、今のところ順調です。

▲TOPへ戻る


 2019年8月16日 台風10号のあと

台風10号のあと1
台風で大きな被害はありませんでしたが、風雨が強く多くの圃場で株が傾き、一部では根元が裂けている箇所もありました。
台風10号のあと2
見た感じは株も大きく育ち、台風の後は平穏な黒豆畑です。
ただ、開花の最盛期に来た台風だったので、今後の開花に関しては注視する必要があります。

▲TOPへ戻る


 2019年8月22日 台風後の経過観察

台風後の経過観察
やはり、台風の影響か花が落ちており、着花率があまり良くないようです。
長雨で生育が遅れている可能性もあり、今後、晩夏の好天に期待したいところですね。

▲TOPへ戻る


 2019年9月3日 着花の数

着花の数1
前回、心配していた着花率ですが、好転しないまま花の季節が終わってしまいました。
例年なら莢が付きはじめる時期ですが、まだ莢が出てこず、生育も遅れ気味です。
着花の数2
今年は台風の影響が少なく、黒豆の株自体はとても大きく成長しています。
ただ、葉や茎が大きくなりすぎて実ができない「つるぼけ」が心配ですね。

▲TOPへ戻る


 2019年9月16日 着莢の状況

着莢の状況
やっと莢が出てきました。 ただ、写真に移っている指との対比からもわかるように、まだまだ小さいです。 これからどんどん大きく膨らんでほしいですね!

▲TOPへ戻る